トピックス

写真年賀状

 先日発表された「お年玉つき年賀はがき」当選番号を元に、妻が今年我が家に届いた年賀状をチェックしたところ、切手シートが数枚当選していたとのこと。まあ、そんなに簡単には当たらないものですね。
 昨今は電子メールで「あけおめ、ことよろ」なんて送ってお終いなどという世代もあるそうですが、なんとも味気ない。やはり紙の年賀状は良いものです。本当は一枚一枚手書きで出したいところですが、時間もないし、字にも自信が無いのでつい印刷してしまいます。最近ではあて名書きも専ら妻に任せてしまっている始末。

 今回は年賀状をエッセイのネタにしてみました。

 我が家の年賀状には毎年家族それぞれの近況と新年の抱負を妻がごく短い文章にまとめて載せることにしている。このスタイルにしてから早10数年が経過したが、二人の子供も無事に成人したので、来年からは子供たちの分を除いて、ぼくら夫婦と大切な仲間である犬たちの近況を載せることになりそうだ。
 年賀状は普段ご無沙汰している知人の近況を知ることができて、とても楽しい。流行なのか、最近は家族の写真を掲載したスタイルのものがとても多く、たしかに知人の近況やご家族の様子が一目で解って微笑ましいのだが、ぼくはどうしても違和感を覚えてしまい、我が家では今後もこの手の写真年賀状はたぶん作らないだろうとおもうのだ。今回はその理由について考えてみた。
 便りの無いは元気の印ということで、年に一回のみ年賀状の遣り取りで終わる知人も多い。伝えたいことは数多あれども、最近交流が途絶えている場合には昔どれほど気が置けない仲であったとしても、年賀状の内容に少し気を遣う必要があるといつもおもっている。何となれば即ち、今知人がどのような状況にあるのか、場合によっては心や体を病んでいる可能性も念頭に置いておかねばならないと考えるからである。結婚や子供の誕生などの慶事を伝えるにしても、もしかしたら相手は今結婚生活や不妊、はたまた子供の病気で悩んでいるかもしれない。その場合は、無邪気に笑う赤子の写真が実は相手を傷付ける凶器ともなり得るのだ。大袈裟なことだと一笑に付す方々が多いかもしれないが、家族が笑顔で写る写真は幸福の象徴であり、強く、否の打ちどころのない幸せのメッセージを問答無用に直接与えるが故に、場合によってはそのメッセージが、悩める相手をさらに傷つけてしまう可能性もあるということは覚えておいても良いとおもう。
 写真は当然のことながら視覚に訴え、我々に圧倒的な喜怒哀楽のメッセージを与える媒体だ。一瞬で目に飛び込み、何らかの感情を我々に引き起こす。たとえば戦争とはどういうものなのかを知る上で最も有効な手段は、戦場で報道キャメラマンが捉えた一枚の写真を観ることに尽きる。どれほど熱心に戦争に関する文献を読み漁ったとしても、爆撃で死亡した我が子を茫然と抱き締める母親の写真が与える反戦のメッセージを超えるインパクトは得られないであろう。だから写真はある意味でとても危険な媒体だと思う。観たいと思って、鑑賞する分には全く問題がないが、その一方で観たくもないのに無理やり目に入れられて傷つくということも十分にあり得るということを銘記しておきたい。このように考えてくると、写真年賀状が幸せの押し売りとでも言うべきか、やや押しつけがましい存在としてぼくには見えてくるのだった。
 さて妻によれば来年からは成人した子供の近況は載せないことにするそうだ。そうするとぼくら夫婦と、良き相棒である黒ラブ「めい」とジャックラッセルテリア「ラッキー」の近況だけで年賀状を埋めることが妻の文章力で果して出来るのか否か、ちょっと心配している。そうなると一度くらいは我が家の年賀状にも写真を載せてみようかとも思うのだが、その時は今から3年後の戌年に「めい」と「ラッキー」に登場して頂こうと考えている次第。乞うご期待。