トピックス

空気が支配する国

 東京オリンピックが揺れている。淡い期待を持って一年間待ってみたが、新型コロナウイルス感染症パンデミックは落ち着かず、頼みの切り札であったワクチン接種も他国に比べて大幅に遅れ、残念ながらオリンピック開催による更なる感染拡大を効果的に防ぐ手段は乏しいようにもおもわれる。

 新型コロナウイルスは「三密」を好むから、オリンピックのような大規模なお祭りで人々が多数集まり、大歓声を上げる状況は彼らにとってまたとない繁栄のチャンスであろう。そのチャンスを座して見過ごすはずがない。仮に無観客としたところで、選手、役員他関連する多数の人々の往来、人流は活発となり、やれ水際対策だ全例PCRだワクチンだなどとどんなに頑張ってみても、残念ながらかなりの確率で感染の再拡大が起こるとかんがえるのが素直だとおもう。

 それにつけても菅総理はお気の毒である。東京オリンピックにかんし、今や世の中の雰囲気は微妙なものになってきた。ワクワク、ドキドキといった高揚感が衰退し、世の中に何となくあきらめムードが漂う。今のところ政府は何があっても開催に拘る姿勢を崩していないが、オリンピック閉会後に再び新型コロナウイルスの感染拡大による医療崩壊でも起これば、流石に次の衆院選挙で自民党は勝てないのではないか。それでも今更開催中止には出来ないというおもいも、分らぬわけではない。今までの誘致活動、国立競技場を代表とする会場整備に要した莫大な費用や関係各位の努力が水泡に帰す。悩みは深い。菅総理にしてみれば、まさに「進むも地獄、退くも地獄」といった心境であろう。しかしながらここは賢く後退戦に挑むのが正解のようにぼくはおもう。無観客で今一つ盛り上がりに欠ける大会を終え、やれやれとおもう間もなく秋風と共に再びコロナ感染症の大きな波が襲う。また病院の重症患者用ベッドが埋まり、入院待機者の中に死亡者が相次ぐ。国会審議では野党がここぞとばかりにオリンピック開催強行の責任を厳しく問う様が目に浮かぶ。野党のみならず身内の自民党議員からも、「私は実のところオリンピック開催には反対だった。でも当時は官邸に対し、とても反対出来る空気ではなかった」などというフレーズが聞かれるようになる。このように言い出す輩が間違いなく、必ず出てくる。そのことは先の戦争敗戦後、少なくない重鎮が「私は本当は開戦に反対だった」「撤退、停戦合意を模索するべきだとおもってはいたが、そのようなことはとても言い出せる空気ではなかった」と述懐した歴史から、容易に想定されるのである。
 聞いてくれるはずもないが、菅総理に進言したい。おもいきって、開催中止を宣言しては如何か。中止による経済的な打撃、長引く不況、その他諸々、各方面からの手厳しい批判は多々あろうが、所詮それらは「お金の問題」である。たしかに莫大な費用ではあるが、いくら落日の日本と言っても払えない額ではあるまい。一方で開催を強行し、不幸にして新型コロナウイルスの感染が再拡大することがあれば、かならずや死者が出る。こちらは「命の問題」なのだ。当然ながら命をお金で買うことは出来ない。「命とお金とどちらが大切?」という極めて単純な問題の答えは間違いようがないではないか。さあ、勇気を出して「東京オリンピック開催を中止します。一切の責任は内閣総理大臣であるわたしにあります」と切り出してほしい。そうすることで菅総理は後世において、コロナパンデミックや相次ぐ災害、まさに「前門の虎後門の狼」という困難な時代において勇断を下した名首相として「幻の東京オリンピック」とともに末永く記憶に残るであろう。いや、もっと短期間にあらわれる効果として、菅首相がオリンピック開催中止を悲痛な面持ちで会見、表明すれば、また例の「空気」がガラッと変わり、自民党の支持率が急上昇して次の衆院選挙は自民党の大勝に終わるだろう。日本って、そういう「空気が支配する国」だというのがぼくの見解だが、さて皆さんはどうだろうか。