トピックス

先生、一発で治る注射をお願いします。

 風邪で受診される患者さまから何度も、正直うんざりするほど聞かされるお言葉です。確かにこのような注射があったら素晴らしいことで、製薬会社も業績うなぎ上り、開発者はノーベル賞かもしれません。でも残念ながらそのような魔法の薬はありませんし、これからも出てこないと思います。
 考えてみてください。皆さんが包丁で指を切ったり、運動会で捻挫したりします。注射1本で翌日にはすっかりきれいに治りますか?治りませんよね。出血が止まり、傷がかさぶたになって治るまでに1週間ほどはかかるのが普通です。風邪も同様のこと。風邪のウイルス感染で傷んでしまった気管支や肺の細胞が治癒するまでにはそれ相当の時間がかかるのです。残念ながらどんな注射をしても、治るまでの時間を短縮することはできないのです。
 日本人は本当に注射が好きです。「良薬口に苦し」からの発想で、注射の痛みをこらえれば、きっと良いことがあるのだと信じている人が多いのかもしれません。そんなこと無いのに。
 注射はするのも、されるのも大嫌いな私は、患者さまに注射を求められるたびに、そんなものは必要ないと少し過剰な反応をしていました。最近は私も随分と大人になり、どうしてもと仰る方にはビタミン剤とブドウ糖の注射をするようにしています。ビタミン剤は筋肉痛や節々の痛み、だるさを緩和してくれる作用がありますので、まあ全く無意味というわけでもないでしょうから。ただし風邪を一発で治す注射は無いということは是非覚えておいてくださいね。風邪を引いてしまったら、昔から言われている通り、温かくして休養を取り、消化のよい栄養価の高い食べ物を摂ることに尽きるのです。まあそんな悠長に休んでいられないのが現代ということなのかもしれませんね。
 これから季節の変わり目で、必ず風邪が流行します。あと数カ月もすれば、またインフルエンザの季節がやってきます。皆様うがい、手洗いに代表される予防行動をしっかりと行ってくださいね。